神奈川のウィークリーマンションの相場を紹介

ウィークリーマンションとは、運営会社にもよりますが7日間から契約でき、家具・家電付の賃貸サービスで、通学・出張・旅行・一時的な仮住まいで利用されています。東京は国内国外からたくさん人が集まる都市で、こういった理由で都会に進出してくる方はたくさんいます。しかし、東京は家賃が高く、短期での滞在のために家具・家電を揃えるとなるとかなりの出費となります。そこでお勧めなのが、神奈川でのウィークリーマンションです。東京に隣接している神奈川ですが、綾瀬市や座間市といった自然豊かな市が少し安めな設定となっています。相模原市は東京の八王子市や町田市と隣接しているため高めになっています。横浜市はとても人気なエリアですが、区によって少し変わってくるので、何を重視するかを明確にして地域を狭めていきましょう。

神奈川の街の魅力について簡単に紹介



神奈川は、魅力的なスポットがたくさんあります。とても有名なのが、横浜です。日本最大の中華街や神々しいイルミネーションが街を彩っていて、グルメでは困る事がなく、お洒落な街並みを歩きながら夜景を楽しむことが出来ます。普段から賑やかな街ですが、クリスマス等のイベントが多数開催されていて、飽きの来ないスポットです。一方では、全国的に有名な箱根温泉があり、仕事で疲れた身体をいつでも癒すことが出来ます。芦ノ湖や公園といった自然にも恵まれています。美術館や、鎌倉には大仏様がいて、神奈川県の街を見守っています。このように、都会的な面と古き良き日本を併せ持った、老若男女問わず人気のある県といえます。程よく都会で程よく自然があるので、ウィークリーマンションを探している方でこういった条件の両方を求めている方には向いている県だと思います。

神奈川でウィークリーマンションを借りるメリット



このように、神奈川は魅力あふれる街です。東京からも電車や地下鉄一本で着くし、たくさんの路線が行きかっているので、東京でウィークリーマンションを借りると賃貸料が高くなってしまいますが、コストを抑えながら都会に出ることが出来るメリットがあります。30分前後で着くので、全く苦になりません。しかし、人気エリアで空きが少ないので、事前に運営会社に状況を確認しておくと良いでしょう。ホテルより安く、敷金・礼金・保証人が不要な運営会社もあって費用が安くなります。また、ホテルには無いキッチン等の設備が整っているし、チェックイン・チェックアウトの手間がありません。このように、ウィークリーマンションはメリットがたくさんあるので、ホテルや旅館と同様に選択肢に入れてほしいと思います。